コモンシンク

デザイン、政治、経済、文化、歴史、科学、芸能、スポーツ、動物、植物、自然、宇宙、ライフハックから面白いニュース、為になる情報などを画像、動画などを交えて毎日更新!vipper、2ch、2ちゃんねるまとめ、ニュース全般、海外ニュース、とにかく気になる面白いニュースを!
最新記事
RSS速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

意味が分かると怖い話

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:14:20.14 ID:ZJFM9Ff/0

見たいお(´・ω・`)


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:15:26.26 ID:LPSvJAtW0

たしかに


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:15:46.99 ID:f2NJslrJ0

おわり


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:16:02.87 ID:ZJFM9Ff/0

おねがいだお(´・ω・`)
 
 
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:16:32.76 ID:4Dn+T2rM0

せやな


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:17:38.73 ID:ZJFM9Ff/0

いつも答え分からないんだよう
この前見た
部屋の中がいつもと違うから大屋さんに言ったら前の住人に電話したってやつも分からない


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:22:23.13 ID:MLnh61CZ0

>>9
それ貼れよ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:23:21.82 ID:mmRYDbLn0

トイレが汚いので「ブ○ーレットおくだけ」を設置してそのまま寝た。
次の日起きてトイレで小便した後に流したら青色の水がワァーーーって便器の中に流れていってとっても綺麗になった。

良い匂いもするし、やっぱ買って正解だったな。


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:24:49.80 ID:f2NJslrJ0

>>15
やべぇ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:25:35.60 ID:LPSvJAtW0

>>15
誰かいる…


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:26:38.80 ID:3KhLvqpw0

これか


最近、部屋の様子が変なの。
何が変かって、具体的に分からないけど・・・。
例えば、TVのリモコンの位置とか、冷蔵庫の中身とか。
ほんとに、「あれ?」って思う位だけど・・・。
彼に相談しても、気のせいだって言うし。
もしかしたら、前に住んでいた人かなって思ったら、怖くなって大家さんに言ってみたの。
大家さんは、はっとした表情になって直ぐにその人に連絡してた。
「合鍵は作られましたか?」って。
大家さんは、抑止にはなったと思うけど、心配なら鍵を新しくしようかって。
怖いので、そうしてもらった。
これで安心だわ。


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:27:27.59 ID:qPnACL9K0

>>20わからん


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:29:53.66 ID:mmRYDbLn0

>>20
解説はよ


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:58:13.12 ID:xi5aPHOfT

>>25
おまえ引越しの時に大家さんに連絡先教えたことあるか?


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 06:01:34.44 ID:mmRYDbLn0

>>222
おおースッキリした


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:30:17.20 ID:ZJFM9Ff/0

>>20
これ!
見付からなかったありがとう


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:27:25.22 ID:zj8s11d30

ある日、赤ちゃんが産まれました。
驚いたことに、産まれたばかりですぐに言葉を発しました。
第一声は、 「おじいちゃん」でした。おじいちゃんはひどく喜び、涙を流したそうです。
次の日、おじいちゃんは死んでしまいました。
赤ちゃんは「おかあさん」と言いました。
次の日、おかあさんが息を引き取りました。
次は自分の番だと悟ったおとうさんは震え上がりました。
赤ちゃんは、「おとうさん」と言いました。
次の日、隣のおじさんが死にました


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:28:12.81 ID:qPnACL9K0

>>21なんかワロタ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:31:54.33 ID:ZJFM9Ff/0

>>21>>24
は分かるけどやっぱり分からないのあるな


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:28:13.56 ID:LsSzTHYF0

散歩をしていると、「キャー!」という女性の悲鳴が聞こえた。
驚いて行ってみると道路で女性が、
縦2m・横2m・暑さ50cm程の鉄板らしき物の前に座りこんでいた。
女性は、驚いたのか話せない。

作業服を着た人が話をしてくれた。
ビルの工事をしている時に落としてしまったらしい。
怪我人はなく、女性は驚いて腰が抜けただけ。

赤いタイルの上に真っ黒の鉄板とは不気味。
散歩も飽き、もう一度その場所に寄ってみた。
先ほどの女性がいた。声をかけてみた。女性は

「驚きました。悲鳴を聞いたときはビックリしました」
と返した。


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:31:08.58 ID:f2NJslrJ0

>>24
ワロタww


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:32:16.62 ID:vjSfIRKu0

>>24
oh・・・


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:36:43.51 ID:zzyRYfbB0

風呂入ってたんだけど怖い話読んでたら幽霊出るんじゃね?
って思って恐くなったんで部屋から風呂場まで電気点けながら行ったんすよ
風呂は風呂でダルマさんが転んだとかこえー話あるじゃん?
そんなわけで考えないように必死だったんだけど、
そうなると逆に考えちゃうよね。まぁ普通に何事も無かったんだけどね。
そんな経緯があって部屋の電気とパソコン速攻で点けて帰ってきたわけよ

こんな感じの話


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:38:18.63 ID:qPnACL9K0

>>35うおおおおおおおおおおおおお


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:38:01.82 ID:3KhLvqpw0

雪山で遭難したあるグループの話

A「だから俺は反対したんだ!」
B「今更そんなコト言ってもしかたないだろう!」
D「うるせーぞ!」
E「落ち着け、喧嘩しても腹が減るだけだ」
F「また食料も付きかけてるんだ・・・焦るのも分かるが」
G「ガクガクブルブル・・・」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:39:14.99 ID:cB86qG9a0

>>36
つまりCは…


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:40:25.60 ID:ZJFM9Ff/0

>>40
…ハッ!


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:38:19.17 ID:cB86qG9a0

少女のところにお星さまが降り立ちました。
「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」
お星さまはいいました。
少女は泣いていました。
「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」
次の日、少女が目を覚まして一階へおりると、いつものようにおかあさんと
おとうさんとおにいちゃんがいました。
少女は後悔しました。
その夜、再びお星さまは少女の目の前にあらわれました。
「気に入ってもらえたかな」
少女はいいました。
「昨日のおねがいをとりけしてちょうだい」
お星さまはいいました。
「一度かなえたおねがいはとりけせないよ」
少女は泣きました。


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:41:19.94 ID:qESvxoSBO

>>38
一緒に住んでるのは本当の両親じゃない?


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:40:00.99 ID:LsSzTHYF0

女の子は家に帰る道が嫌いだった。
帰り道にひとつ、古いアパートがぽつんと建っている。
その2階の窓からニタニタと笑いながら女の子を見ている男がいたのだ。

女の子はそれが怖くて、いつもアパートの前を走って通り抜けていた。

そしてある日、また同じように女の子はその道を歩いていた。
アパートの2階にはまたあの男。
しかしいつもと様子が違う。
何か言いたげに口をパクパク動かしているのだ。
女の子はあまりにも気味が悪くて、アパートの前にある角を曲がって遠回りして家に帰ることにした。
その日、女の子は死んでしまった。


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:41:55.04 ID:vjSfIRKu0

>>44
後ろを不審者が着けてることを言いたかった?


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:42:38.26 ID:mmRYDbLn0

>>42
男が危険なのを教えてくれたってことか?
だとしたら前の文がちょっとおかしいか


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:41:33.68 ID:3KhLvqpw0

風呂上がりに、テレビでも見ながら髪を乾かそうかと
思ってドライヤーを持って部屋へ行ってテレビをつける。
いきなり怖い女の人の顔どアップ。怖い話の特集かな。
なんか色がおかしいけど、まあリサイクルショップで
安くで買った古いテレビだからしょうがないか。
などと思いつつドライヤーをオンにしたらいきなり
電気がバツン!と切れて真っ暗になった。
あっちゃ、クーラー入れたままドライヤーは無理があったか
と思いつつ、テレビの光を頼りにブレーカーの所に行ったら
やっぱりブレーカーが落ちてやがった。


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:41:58.86 ID:zj8s11d30

ある地方で大きな地震があった
避難所の小学校で寝ることにしたが人があふれ騒がしくてとにかく暑い
涼みに外にに出ると明かりのついてない建物を見つけた
そこはとても涼しく、静かなので多くの人が横になっていた
これはしめたとそこで寝ることにしたがしばらくして異変に気付いた。静かすぎる

私は建物を飛び出した。


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:44:07.74 ID:vjSfIRKu0

>>49
これはリアルでやばいな


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:44:04.99 ID:rqcOP3uz0

男:やった!待ちに待った日がようやくやってきたよ!本当に待ちきれなかったよ!
女:結婚やめてもいいかな?
男:ノー、そんなのありえないよ。
女:私のこと愛してる?
男:当然だよ!
女:裏切ったりする?
男:ノー、どうしてそんな風に考えるのかな?
女:キスして。
男:もちろん。一度だけじゃ済まないよ!
女:私に暴力を振るう?
男:永遠にありえないよ!
女:あなたを信じていい?


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:49:02.68 ID:wbO+s8RH0

>>53
逆から読むと・・・


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:46:58.14 ID:mmRYDbLn0

脳死が確認され、
無数のチューブと人工呼吸器や点滴により生き続けた。

しかし死んでしまった。
「すみません。手を尽くしたのですが」
医者はとても悲しげな顔で告げる。
彼の亡き骸を抱いた時、とても軽く、苦しかったんだと思った。

「治療費は結構です」
決して裕福とは言えない私の状況を察し、
なんて優しい医者なのだろう。私はすぐに泣いた。
「遺体を見るのは辛いでしょう」
お医者さんがシーツを被せた。
「思い出は彼と共に焼いて忘れなさい」
この一言で私は立ち直れたのである。


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:49:29.17 ID:ZJFM9Ff/0

>>58
これはたぶん内臓がないって事だよね


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:51:34.07 ID:3KhLvqpw0

一人暮らしをしている大学生の男がいた。
男が住んでいるのはごく普通のアパートだが、たまにおかしなことが起こった。
大学から帰ってくるとカーテンの形やゴミ箱の位置などが微妙に変わっている気がするのだ。
最近は誰かにつけられてる様な気もしてきた、流石に気味が悪くなってきた男は大学の友人に相談した。
男が「もしかして…ストーカーかな?警察に言うのが一番良いと思うけど…
警察は実際に被害が無いと動いてくれないって聞くしなぁ…どうしよ……。」
と困っていると、友人は「…じゃあ大学に行ってる間ビデオカメラで部屋を撮影しておいて、
もしストーカーが部屋に侵入してるのが撮れたらそのテープもって警察に行けば良いじゃん、
不法侵入してるわけだからさすがに警察も動いてくれるだろ。」
と具体的な解決策を提示してくれた、やはり持つべきは友!これは良い案だ!と思った男は
早速次の日の朝、部屋にビデオカメラを設置して録画状態のまま大学へ行った。
大学から帰ってきた男は焦った、久々に部屋に違和感がある、
「これは期待出来る、マジにストーカー写ってるかも…」と思いながらビデオの録画を止め、再生した。
しばらくは何も写らなかった。
しかし夕方になると、知らない女が包丁を持って部屋に入ってきたのだ。
「…!!!!!!」ビビった男はすぐに友人に電話をかけた、
「ヤッベー!写ってる写ってるストーカー写ってる!!!!」と若干興奮気味に伝え、
それからは録画を見ながら友人に内容を実況した。
「ゴミ箱漁ってるよぉ…」「今度は服の匂い嗅いでる…キメェ!!」今までコイツは何回も来ていたのかと思うと
男は背筋が凍る思いだった。「これで警察も動いてくれるなぁ」と少しホッとしてると、画面の中の女は押入れに入った。
「うっわ…押し入れの中入ったよ、しかもなかなか出てこない……」などと友人と喋っていると、また誰かが部屋に入ってきた。
男は言葉を詰まらせた。
部屋に入って来たのは自分だった
そしてビデオの中の自分はカメラに近付き録画を止める。
そこでビデオは終わっていた。


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:55:00.10 ID:ZJFM9Ff/0

>>70
うわああああああ


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:54:20.29 ID:4Tm8GzDh0

一年生になったら
一年生になったら
ともだち100人 できるかな
100人で 食べたいな
富士山の上で おにぎりを
パックン パックン パックンと


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:55:01.32 ID:3KhLvqpw0

>>75
一人は犠牲になったのだ...


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:56:17.20 ID:ZJFM9Ff/0

>>79
おおお


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:57:47.86 ID:vjSfIRKu0

>>79
違う
引率の先生もいなくなってる


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:55:23.96 ID:AZVHqxSU0

>>75
これは101人だと語呂が悪いからなだけじゃね?


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:54:43.39 ID:LsSzTHYF0

ある日俺ら5人ほどで肝試しをしよう!って事になったんだ。
夜、皆集まったのを確認してから近所の廃墟に向かった。
しばらく探索したが一向にお化けが出てくるどころか怖い事が起こらない。
もう帰るか、ってなった時に急に友達の一人が叫びだした。
見ると、 『「眼鏡ぇ、眼鏡ぇ」』 と叫んでいた。
眼鏡ぐらいいいだろ。どーせお前の伊達眼鏡なんだから・・・
とか思いながら、気味が悪かったのでみんな帰宅した。
そういえばアイツ・・・眼鏡かけてたっけな・・・


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:55:39.87 ID:mmRYDbLn0

ある町で野生のリスが大発生して、作物にかなりの被害が出ました。
町の対策本部は

「リスを100匹駆除してくれたら謝礼を払います」
という内容のキャンペーンを展開。
ルールがあり、
証拠としてリスのしっぽを持参すれば換金するというもの。

これを聞きつけた町の住人は、
リスのしっぽを大量に持ち役場に駆けつけました。


数ヶ月後キャンペーン終了後、
役人が状況調査をすると駆除したはずのリス達が
元気に畑を荒らしまわっていたそうな。


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:06:57.02 ID:28Sab5UH0

>>81
わからん


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:56:25.70 ID:3KhLvqpw0

一人の女の子がいた。性格は明るく、小学校ではたくさんの友達に囲まれていた。

また、女の子は大のおじいちゃん子で、おじいちゃんも女の子のことを本当に可愛がった。

しかし、おじいちゃんは今入院しており、余命は長くなかった。

医師がもう残りわずかな命であることを伝え、女の子は両親に連れられ病院に行った。

病室で女の子の両親はおじいちゃんと話した後、医師の説明を受けに病室を出て行った。

病室には女の子とおじいちゃんの二人。
女の子はおじいちゃんに学校のことや最近楽しかった事など色々なことを話した。

しかし女の子は途中で泣きながら

「おじいちゃんいなくなるの?」
と聞いた。するとおじいちゃんは

「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒に悲しんでくれるかい?」
と言った。女の子は

「うん…でも死んじゃいやだよ」
とつぶやいた。

その後女の子は家に帰ることになり、その次の日おじいちゃんは帰らぬ人となった。女の子はその日、わんわん泣いた……。

1ヶ月後、ある記事が新聞の隅に載った。
一部抜粋すると

「一家心中、動機は全くの不明。女の子の名前は斎藤加奈ちゃん」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:59:14.95 ID:mmRYDbLn0

>>83
悲しんでくれるかい?


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 04:59:48.26 ID:4Tm8GzDh0

>>89
カナ死んでくれるかい


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:00:30.81 ID:mmRYDbLn0

大昔、とあるホームページで、「怪我をしたかわいそうな動物に寄付を」というのがあった。
片足が無い犬や、内臓が飛び出た猫たちの画像があり、目を背けたくなるようなものばかり。
だが、回復経過の画像を順を追って掲載していたので寄付もそこそこ集まっていたようだ。
ちゃんと寄付を手術に充てているようで、元気な姿にホッとさせられるホームページだった。


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:01:45.35 ID:ZJFM9Ff/0

>>93
これは写真が逆なんだよね!

ちゃんと全部読んでる
たくさんありがとう


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:03:44.41 ID:zzyRYfbB0

>>93
これ初めてみた。中々不気味でいいっすね


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:02:05.57 ID:3KhLvqpw0

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。
毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。
男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。
目の前をおばさんが通る。すると男は
「豚」
と呟いた。
私は思った。なんだただの悪口か、動物に例えているだけか…。
次に普通のビジネスマンが通る。すると男は
「人」
あぁ、まさに普遍的人間って感じの人だな…。
別の日、暇潰しにまた盗み聞きしてみる。
男の目の前をやつれた男が通る。すると男は
「牛」
と呟いた。
牛?どちらかと言うと痩せた鳥だが…?
次に典型的な肥満の男が通る、すると男は
「野菜」
と呟いた。
野菜?豚の間違いだろ?
私は家に帰り考えた。
もしや、次に生まれ変わる生き物、すなわち転生を言い当てるのか!?
その後、何度もホームレスを観察しているうちに疑問も確信に変わった。
ある日思い切ってホームレスに疑問をぶつけ、能力を身につける方法を教えてくれと懇願した。
ホームレスは淀んだ目で私を見つめた後、私の頭に手をかざした。
次の日からホームレスはいなくなった。仙人だったのだろうか?はたまた神か?
私は能力を身につけた。
それは期待するものとは違っていた。
ただ単に、その人が直前に食べたものだった
私はあまりのくだらなさに笑ってしまった。


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:04:25.99 ID:ZJFM9Ff/0

>>95
これって文章の通りに解釈していいのかな


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:05:23.46 ID:wbO+s8RH0

>>100
ビジネスマン


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:06:27.10 ID:ZJFM9Ff/0

>>101
!!!


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:05:38.29 ID:JzJxOygVO

ちょっと息抜きしないか?
俺は夜釣りに出かけた
ある日、遊びの予定がキャンセルになった俺は
秘密の釣り場で夜釣りを楽しむ事にした
街から少し離れた所にある橋で、静かでよくつれる俺の穴場でその日も良く釣れた
だがしばらくすると、全身に寒気が走った。
何か恐いな・・・そう思いつつも入れ食い状態のその場を離れる気にもならず
夜釣りを楽しんだ
「あなたも釣りですか?」後ろから声をかけられた振り返るとそこにはサラリーマン風の中年男性が
「えぇ、ここよく釣れるんです」「えぇそうらしいですね」
「あなたも釣りですか?」「・・・まぁそうですね」
話していくうちに段々と俺は違和感を感じた
男性はどう見てもスーツ姿、とても釣りを楽しむ格好じゃない
こんな所でなにを・・・「あなた、つらないんですか・・・」男性の声・・・いやおかしい、明らかに上から聞こえてきた


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:07:32.90 ID:0ZT2JcMh0

前の会社で2億の機械を俺のミスでぶっ壊した時
社長はショックで声がでなくなりながらも振り絞るように
「君に怪我がなくてよかった。機械はまた買えばいい」
と言ってくれた
その時、俺はこの社長に一生ついて行くと決意した


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:09:49.06 ID:B6l1HC7q0

>>110
辞めとるがな


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:08:50.02 ID:4RgjI1pT0

男の子は3箱のプレゼントを貰った。
1箱目は靴。男の子は泣いた。
2箱目はサッカーボール。男の子は泣いた。
そして3箱目はズボンと自転車。また男の子は泣いた。
外ではサンタさんが大笑いした。


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:10:39.99 ID:0ZT2JcMh0

ある紳士風の男が銀行にやってきて言った。
「100ドルほど貸して欲しいんだが」

「100ドル、でございますか?」
応答した行員は男を一瞥してから言った。
「100ドルという少額のご融資ですが、初めてのお客様でございますし、
何か担保をお預かりすることになりますが、よろしゅうございますか?」

すると紳士は、少し考えてから言った。
「そうだな、僕のロールスロイスなんてどうだろう?」

「ロールスロイス!でございますか?」

「ああ、いま駐車場に停めてあるから一緒に見に行こう」

行員が半信半疑のまま紳士に同行すると、
駐車場には最新型のロールスロイスが停めてあった。行員は驚いて紳士に言った。
「あの....お客様、このお車でしたら30万ドルはご融資可能ですが」

「いや、100ドルでいいんだ」
紳士はそういうと、手続きを済ませ、
車のキーと交換に100ドルを受け取って銀行を出て行った。

行員はロールスロイスを重役専用のガレージへ移動させ、厳重な監視の下に保管した。
6週間後、紳士が再び銀行を訪れた。
紳士は100ドルと利息3ドルを支払い、キーを受け取ると、帰り際に微笑んで言った。

「ニューカレドニアは最高だったよ


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:11:07.78 ID:mmRYDbLn0

ある年上の女と知り合った。
40になったばかりというが20代後半に見えるくらい若々しく
美人で妖艶でいい女だった。
何度か会う内に俺の部屋に来る事になった。
部屋で映画見てたら、彼女が「トイレ借りていい?」と。
トイレに行った彼女が悲鳴をあげたので急いでトイレにかけつけたら、
「用をたそうと思って便座上げたら縁にゴギブリがいたの!」
ゴギブリにこんな悲鳴あげるとは、まだまだ女の子じゃん。
ちょっと可愛いとこもあるんだなぁ~と思った。


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:12:11.56 ID:0ZT2JcMh0

>>123
便座か


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:12:13.48 ID:wbO+s8RH0

>>123
男だったのか


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:13:30.12 ID:3KhLvqpw0

ある家族が妻の実家に遊びに行くため、田舎までのバスに乗った。
山のふもとあたりまできた時、
子供が「おなかへった」とだだをこね始めたため、
仕方なく途中のバス停で降り近くの定食屋で食事をした。

食事が終わり定食屋にあるテレビを見ると、
さっきまで乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが…

そのニュースを見た妻は、「バスを降りなければよかった…」と。
それを聞いた夫は怒ったが、すぐに
「あぁ、なるほど。」と妻の意図に気づく。


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:14:50.12 ID:0ZT2JcMh0

取り締まり新米警官がスピード違反の車を捕まえた。
「50キロオーバーですな。免許証を拝見します」
「そんなの持ってないよ。昔っからな」
「なんだと!無免許運転か・・・
これはあんたの車なのかね?車検証を見せてもらおう」
「いいや、盗んだ。車検証ならダッシュボードん中にあったな。
さっき、拳銃をしまった時に見た」
「拳銃だって!?あんた、拳銃を持ってるのか!?」
「ああ。車の持ち主の女を殺すのに使った」
「な・・・なんだとぉ!!」
「死体は、トランクに入れといたよ」
若い警官は真っ青になって、無線で応援を呼び寄せた。

30分後、駆けつけたベテランの警官に男は尋問されていた。
「まず、無免許運転だそうだが」
「免許証は、ここにちゃんとあります」
「・・・車を盗んで、拳銃がダッシュボードにあるそうだが」
「とんでもない!ダッシュボードの中は車検証しかないし、
名義も私の免許証と同じでしょう?」
「うーむ。トランクに死体があると聞いたんだが」
「そんなバカな!今トランクを開けますから見てください・・・
ほら、カラッポじゃありませんか」
「おかしいなぁ。新米のやつは、君が無免許運転で、車の窃盗、
拳銃がダッシュボードにあって、死体がトランクにあると言っていたんだが・・・」
「とんでもない嘘つきですね。 
もしかして、私がスピード違反だとも言っていませんでしたか?」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:16:15.86 ID:0ZT2JcMh0

ある王様が著名な予言者を呼んだ。
王「隣の国と戦争をしたら、我が国は勝つか?」
予言者「我が国は負けることになるでしょう」
王様は激怒して処刑するとまで言い出したが、予言者はその場はなんとか逃れた。
しばらくして、王様が重病で倒れた。
病気の件で再び予言者が呼ばれることになった。
人々は予言者が今度はなんと答えるか、興味津々だった。
王「私はいつ死ぬのだろうか?」
予言者「詳しい期日はわかりませんが、私が死んだ3日後です」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:16:53.90 ID:ITJbTW6I0

夫「うちの嫁の浮気相手を探してるんだが。100ドルでお願いできるか」
男「どっちの?」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:17:18.63 ID:0ZT2JcMh0

ある男がペンギンを拾った。
どうしたものか、困った男は友人に電話して相談した。
「なあ、ペンギンを拾ったんだけど、どうしたらいいだろう?」
「そんなの動物園にでも連れて行けばいい だろ」
翌日、男の友人は男がペンギンを連れて歩いているのを見かけた。
「動物園に連れて行かなかったのかい?」
すると男が答えた。
「ああ行ったよ。だから今日は遊園地に連れて行ってやろうかと思ってさ」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:17:45.96 ID:rqcOP3uz0

アメリカンジョークのスレになってるwww
好きだけど


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:20:05.64 ID:0ZT2JcMh0

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。
やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。
その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。
「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」
男が私に話しかけてきた。
「そうですが、どうしてわかったんですか」
私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。
「あなたの年齢は45歳ですか?」
「そうですけど……」
「あなたは62歳ですね?」
「どうしてわかったんだ?」
そんなやり取りを繰り返していく。
どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。
次の停車駅までは、まだ15分以上ある。
私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。
「あなたは50歳ですね?」
「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」
最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。
年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。
「凄いですね。百発百中じゃないですか」
私は男に話しかけた。
すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。

「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:21:15.23 ID:0ZT2JcMh0

ある男の所に、見知らぬ紳士が箱を持ってやってきた。
その箱にはボタンが付いていて、それ以外には何も仕掛けらしきものは見あたらなかった。

その紳士は穏やかな口調で男に言った。
「あなたがこのボタンを押すと、どこか遠い場所で、あなたの知らない人が死にます。
紳士とボタン

 そのかわり、このボタンを押して頂けましたら、あなたに100万ドルを現金で差し上げましょう。」
そう言うと、紳士はボストンバックを開き、中に詰め込まれた札束を見せた。
男が躊躇うと、紳士は3日後に箱を取りに来るから、
それまでに決心して欲しいと言って去っていった。

男は悩んだが、誰も知らない人間なのだからと、最後の日にボタンを押した。
翌日、紳士が現れ、男に礼を言って100万ドルと引き替えに箱を回収した。
紳士が会釈して去ろうとしたとき、男は紳士に尋ねた。
「本当に人が死んだのか?」
すると紳士は答えた。
「はい。確かに昨晩、遠い場所で、あなたの知らない人が死にました」

男は良心が痛んだが、目の前の札束を見て自分を納得させた。
「もう一つ教えてくれ」
「はい、何でございますか?」
「その箱はどうするんだ?」
すると紳士は微笑んで言った。
「どこか遠い場所の、あなたの知らない人に届けます」


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:21:54.25 ID:0ZT2JcMh0

遭難

ある雪山で猛吹雪の中、4人が遭難した。
このままでは確実に死ぬ・・・そう皆が考えていた先、山小屋が見付かる。
息も絶え絶えに小屋になだれ込む4人。
しかし、その山小屋には暖房施設がなく、あるのは非常用の食糧のみ。
寝れば確実に凍え死ぬ。ひとまず朝になれば・・・
そこでリーダーがゲームを提案する。
「4人全員が小屋の四隅に座り、5分毎に東回りに歩いて、人を起こして回ろう。
起こされた人は起こした人と交替して次の角に向かう」

翌朝、救助隊が山小屋を発見。疲弊した4人に笑顔が浮かぶ。
救助隊「よく全員ご無事で」



174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:32:12.57 ID:4RgjI1pT0

双子の幼女が誘拐された。
双子はガムテープで目と口を塞がれた
犯罪者は姉の耳元でヘリウム声になり囁いた
「抵抗したり逃げたら妹を殺すよ。」
さらに犯罪者は 妹の耳元でヘリウム声になり囁いた
「抵抗したり逃げたら姉を殺すよ。」


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:53:35.62 ID:HIW1LgPI0

>>174
双子なのにどちらが姉、妹か分かるということは犯人は親族ということか?


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:34:08.15 ID:f2NJslrJ0

今年成人した男が誘拐され、閉じこめられていた。
部屋には男の他に5、10、30、40、75、80歳の人が縛られている。

その時スピーカーから声が。

「その部屋にいる人間の年齢を足して100歳になるように殺せ。残った人間は助けてやる。」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:40:08.65 ID:+EwM4ZME0

>>179
20歳の男は必ず死ぬデキレースだなw


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:40:56.30 ID:ZJFM9Ff/0

>>189
80と20じゃダメなの?


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:41:47.61 ID:AZVHqxSU0

>>190
20入ってるし


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:42:26.31 ID:4RgjI1pT0

>>190


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:42:08.85 ID:sc5UNRGPO

>>190の人気に嫉妬


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:42:35.78 ID:mmRYDbLn0

>>190
もうちょう頭使おうぜ


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:43:13.36 ID:BfxXmuiFO

>>190
アホみたいにわろた助けろ


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:35:10.10 ID:mmRYDbLn0

片足の少女が、松葉杖を使い、階段を登ろうとしていた。
僕は、手を貸そうかとおもったが、やめた。
ところが、少女はこけてしまった。
少女が泣き出してしまったので、しかたなく助けの手を差し出した。
少女は、恥ずかしそうに「ありがとうございます」と言って、そそくさと走っていってしまった。
なんだよ、お礼はないのか…ま、いっか。


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:37:10.10 ID:ZJFM9Ff/0

>>182
(゜д゜)!?


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:37:44.92 ID:sc5UNRGPO

>>182
「ありがとうございます」は立派なお礼だと思うのだが


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:38:03.73 ID:0ZT2JcMh0

>>184
同じ事考えるなww


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:38:33.79 ID:vjSfIRKu0

>>182
つっこみどころだらけだな


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:43:20.75 ID:mmRYDbLn0

学校から帰って台所で麦茶を飲んでいると
床下の収納スヘ゜ースに死んだお母さんが押し込められているのに気がついた

隣の部屋からお父さんが出てきた
「由美?、お母さんは他に好きな人がいたんだ、お前のことも捨てて
出て行こうとしていたんだ、だからけんかになってさっき殺してしまった」
と泣き出した

私はお父さんを警察に突き出すつもりはない
このまま二人で暮らしていこうと思った

着替えのため自分の部屋に行くとメモ帳の切れ端が落ちていた
「由美、?逃げて お父さんは 狂っている」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:45:23.70 ID:rqcOP3uz0

>>199
これいろんな解釈あったと思うんだけど正解ってあるの?


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:50:26.53 ID:mmRYDbLn0

>>201
①お父さんが狂ってる説と
②由美が狂ってる説がある。

バラバラのメモ帳のところを考えると由美説のほうが有力


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:56:12.57 ID:rqcOP3uz0

>>206
やっぱ由美か でもそうすると親父はなにいってんだよって感じなんだけど
由美視点の話ってことか


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 06:00:55.98 ID:BfxXmuiFO

>>218
このコピペは元ネタが漫画なのと、漫画ではメモはそのままだからコピペはちょっと強引だ


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:54:42.59 ID:vjSfIRKu0

死体を見つけたのに服を着替えに行く余裕があるなんて由美冷静すぎだろ
狂ってるわ


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:46:33.07 ID:JzJxOygVO

スヘ゜ースが不自然


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:53:50.81 ID:mmRYDbLn0

「怖い話でもするか」

そう切り出したのは大学の先輩Sだった
怖い話が苦手だった自分は「結構です」と反論したがおかまいなしに話し始めた

先輩の話しによるとつい3日前に駅のホームで転落事故を目撃したらしい
若い女性が酔っていたのか線路の方へ近づいて行きそのまま転落したとの事

ただ、その時近くに男性が立っていてとっさに女性の腕を掴んだが
自分も落ちると判断したのか男性はその手を離し女性を見殺しにしてしまった…

嫌な話だ…
まだ幽霊がでるような話がよかったよ

「まー、オレも話したくなかったんだけどね」
よく笑って話せるなぁ…


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:55:06.96 ID:sc5UNRGPO

>>212
話したくなかった→離したくなかった


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:56:21.13 ID:ZJFM9Ff/0

>>215


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:57:43.43 ID:0ZT2JcMh0

このスレは意味がわかると怖いコピペをはって、ID:ZJFM9Ff/0に教えるスレに変わりました


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 05:59:04.69 ID:fawDX6DW0

>>221
温かいスレになりましたな


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 06:01:05.78 ID:fHiRxj7uO

ある地方で泊まったホテルの話

ロケが終わり、その日泊まるホテルへとタクシーで向かう道中、運ちゃんからそこは幽霊が出るって地元じゃ噂のホテルだ、と聞かされた
ホテルに着き案内された部屋へ入ると、ブランコに乗った不気味な女の絵が飾ってあってどこかいやな雰囲気に、どうやら当たりの部屋を引いたのか、と少し不安になった
疲れているしお風呂にも入りたいが、この気味が悪い部屋になるべくひとりで過ごしたくないので、湯船にお湯が溜まるまでの間買い物に出掛けようと思い、蛇口をひねり部屋を後にした
しばらくして部屋に帰ると、浴室から何かを打ち付けるような激しい音が聞こえてくる
ほんとに幽霊が出た、きっとあの絵の不気味な女が中で暴れているんだ、なんて考えがよぎる
ひとりじゃ怖くて確認できないのでフロントに電話を掛け、従業員の方と一緒に浴室の中を見てもらうことに
依然として音が鳴り止まない浴室を従業員が開けると、なんてことはない、シャワーヘッドがお湯を撒き散らしながら浴室内を跳ね回っていただけだった、というオチ

ある心霊番組で芸人の陣内がネタにしてた話を思い出しながら書いてみた
もちろんスレタイ


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 06:03:44.54 ID:ZJFM9Ff/0

>>227
それ知ってる
そういえばおかしい
うわぁ…




元スレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360005260/

関連記事
[ 2013/02/06 03:00 ] 未分類 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

スポンサードリンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
免責事項
Fiber Optics

掲載されている情報、データなどに誤り、問題があった場合による損害、リンク先で起こったトラブルなどにつきまして当サイトは責任を追いかねますのでご了承ください。

尚、掲載されている記事・画像等に関して何か問題がありましたら下欄のメールフォームよりご連絡ください。

最近、コメント欄に誹謗中傷・違法と思われる書き込みが頻発しています。あまりに悪質なもの・事件性がある場合は、アクセス情報を元に適正な対応をせざるを得なくなりますのでご遠慮ください。

弊サイト RSS
Fiber Optics
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。