コモンシンク

デザイン、政治、経済、文化、歴史、科学、芸能、スポーツ、動物、植物、自然、宇宙、ライフハックから面白いニュース、為になる情報などを画像、動画などを交えて毎日更新!vipper、2ch、2ちゃんねるまとめ、ニュース全般、海外ニュース、とにかく気になる面白いニュースを!
最新記事
RSS速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

嘘ついて漫画家を自称したらヤバイ事になった

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364751025/

a252ed1d39fdc103b83aa2f84e57f06e

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:30:25 ID:Fs193yXx0
エイプリルフールという事で
嘘をついた話を告白。

俺は当時17歳。
高校の漫画研究部ではまあまあ上手いほうで、ゲーム雑誌の常連はがき職人だった。
俺は調子に乗って「色んな編集部から仕事頼まれてる」「ジャンプから連載の話持ちかけられてる」
とかふかしまくってた。
ちなみに画力は今で言うとPIXIVでも「あー勘違いしちゃったんだね・・w」みたいな感じのレベル。
下手な上に寒い感じの絵柄。
(ちなみに今現在は絵は書かない。車の販売)

そんな俺には毎週楽しみにしているものがあった。
若手の声優がMCを務めるラジオ番組だ。

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:34:15 ID:8nwMBcSOO
これは期待

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:36:05 ID:Fs193yXx0
その声優は今では大作アニメには必ず出演するくらいの売れっ子になったが
当時はその番組自体が初のメディア出演、みたいな感じで
リスナーと声優が二人三脚でやってる感じがとても良かった。

俺はその番組にも毎週リクエストはがきを出し、
毎回気合を入れたカラーイラストを添えていた。
コピックで色を塗っていたが、必ずイラストの横に「今カラーインク切れてて・・・雑ですいませんw あー画材ほし~」と書いていた

番組開始半年くらいのある日。
声優『えーでは次のリクエストは、おっ常連さんですねー! この方は毎回気合の入ったイラストを描いてくれてますっ!ありがとー!』
ゲスト『わーすごーい!かっこいいー!』
声優『東京都・”闇夜の孤独なる狂い演奏者、って美化しすぎ~~~!!??”さん!いつもありがとうございます!!』

俺は耳を疑った。俺だ!!俺の事だ!!

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:39:12 ID:8nwMBcSOO
リスナー名が厨二くさいなwwww

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:41:18 ID:Fs193yXx0
俺は次の日、めちゃくちゃ気合を入れたイラストをはがきに書き、
「読んでくれてありがとうございます!応援してます! あー書きすぎて手首痛えw」というメッセージを再び投稿した。
リクエスト曲はエヴァの挿入歌か何かだ。

翌週、信じられない事が起きた。
声優はまた俺のイラストに触れた。
声優「またまた力作ですねー!もしかして闇夜さんプロの方でしょうか、すごい慣れた感じですねー」
俺は心臓がグワングワンなって、ベッドに倒れた。たぶん本当に心不全になりかけてたとガチで思う。

俺は再びはがきを手に取り、絵を書いた。
今回は何故か下書きをラフな感じに。
そして、こう書き添えた。

「実はプロです・・・w とある雑誌の連載の合間に書いてますwあ~寝てね~」

翌週、どえらい事が起こることも知らず、俺ははがきを投函した

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:42:03 ID:WRX4s3iUT
嘘でも読んでるときついわこれ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:43:29 ID:dKP6v2bV0
それ聴いてたわ

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:46:54 ID:0vMiL5JeO
15年くらい前からありとあらゆる声優ラジオ聞いてるけどこんな話は……あっ(察し)

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:49:02 ID:Fs193yXx0
ある日、俺はリビングでクロノトリガーをしていた。
(この時の事がきっかけで、俺はクロノトリガーを見ると赤面する体質になった)

電話が鳴る。
「はい、もしもし」
?「○○さんのお宅ですか?」
「あ、はい、僕ですが・・・?」
?「あ、どうもですっ!○○放送○○のディレクター、S口と申します~いつもはがきありがとうございます!」
「え!!??あっはいっ・・・!!!はじめまして・・!!ええっ!?」

ちなみにこの当時のはがき職人は住所と電話番号もはがきに書いていたのだ。まさにこういう展開を夢見て

ディレクター「あのーいつもイラスト拝見しておりまして、○○さんは漫画家さん、という事で・・・」
俺「あの、あ、あのーー全然ね、あのーも、全然マイナーなね!!あのーかろうじて漫画家みたいな空気ですよ!!」
俺はクソテンパッた。
ディレクター「なるほど~!実はちょっと製作で相談してまして、もしよければ次の公開放送のとき、ちょっとその辺りのお話を声優と直接お話したり
していただけませんか・・・?」
俺「えっ、あのーマイナー、あのーも、ぜんぜ、マイナーもね~あの~」
ディレクター「wwww大丈夫です!ちょっとだけ告知なんかもしていただいて大丈夫ですので!!ww」

俺は嘘だと言えず、その日の電話を終えた。一月後の公開放送に俺が招待されるという話になったのだ。

そしてあえて割愛したが、俺はこの会話の中である漫画家の名前を出し、
それが自分であると嘘をついてしまった。

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:54:28 ID:rO9Zgv0Z0
なんでだろ
俺もすごい恥ずかしい

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:54:33 ID:UrqyOMOhO
伸びてないが面白いじゃないか

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:54:46 ID:Fs193yXx0
俺はとんでもない事態に陥っていたのだが、
当時は17歳の中二病。

「ラジオに出れる・・・漫画家として招待された・・・連載作家・・・えっ、俺ってもしかして
すでに週刊○○の関係者・・・??」

俺は異常な精神状態に陥っていた。
漫画研究会の部室でも「いやーやべーわ、これ言っていいのかなー、ラジオ呼ばれたわー」と
吹聴し、周囲を騒がせまくっていた。


土曜日。
○○放送関係者ゲート。

ディレクター「あ、俺さんですか!」
俺「ういwwwチャスwww」
ディレクター「うわお若いですねーww!!ではこちらへ!」
入館証をもらい、警備員の前を通り中に入る。放送局は妙に入り組んだ作りだったのを覚えてる。

会議室的な部屋。ディレクターと、スタッフ数人。机の上にはお菓子や飲み物、
そして俺が騙った作家の単行本がきれいに並んでいる。
ディレクター「○○先生です」
スタッフ「オー オー」
俺「チャスwwww」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:56:29 ID:kioxIDeo0
これは胃が痛くなる

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:00:31 ID:cRKuir7Q0
スタッフもよく信じたな。騙った漫画家に絵がかなり似てたのかな?

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:00:56 ID:wDgcC1Fx0
それ犯罪じゃないの?

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:02:04 ID:Fs193yXx0
それからすぐに打ち合わせが始まった。
公開放送の収録は一時間、その中で10分ほど俺の時間が取られ、
ホワイトボードに絵を書いたり話したりするらしい。

スタッフ「そんな感じです!よろしくお願いしますね!」
俺「チャスウワーカラー画材ないと自信ないなーチャウワ、タy-」
するとドアが開き、声優が入ってきた。
声優「はじめまして!!わーすごい感激ですー!!私漫画家さんとお会いするの初めてですー!」
俺「wwwチャス!!wwwウッワセイユーサン、!!!www!!声優!!」
スタッフ「wwwwwww!!とりあえず俺さんだけ一応マイク失礼しますね!」
俺は声が張れない可能性があるので、マイクをつけられる。尻ポケットに電池みたいなのを入れられる
俺「うわーすごいなー!」
胸についたマイクをとんとんと叩くと、音声の人がすごく怖い声で
「あ、それやめてください」と俺に言った。

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:03:14 ID:uF7mzvz20
この話自体が嘘じゃなきゃ、ヤバいww

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:04:40 ID:dKP6v2bV0
※今日はエイプリルフールです

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:05:09 ID:0DI7UfBT0
嘘であれ本当であれどのみち結構面白い

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:08:00 ID:Fs193yXx0
開始まで10分
俺は控え室で皆が用意する様子をニヤニヤしながら見ているが、
心の裏側でもう一人の自分が叫び始めているのを自覚していた
『お前何やってるんだ!!!!』

開始まで5分。スタジオに、30人ほどのリスナーが入ってきた。
皆、床に体操座りで座る。

俺は無意識のうちに席を立ち、通路に出た。
腕を組み、足をクロスさせ、目を閉じる。
意味のないポーズで無表情。

ディレクター「ちょwwwwwwwwwwなにしてんすか!!www
もうはじまるんで!だいじょうぶすかwwww!!」
俺「あのーーwwwあのー嘘なんでwwwあのーwwwちゃ、あのwww」
ディレクター「え?www」
俺「うそなんですよwwww」
ディレクター「え?wwいや、大丈夫です!!wwwしゃべるのも一言でOKですから!www」
俺「いや、wっわのチャ。。。。。www俺、漫画家っていうの嘘なんですwwwwあのーー」
ディレクター「・・・・」
ディレクターは瞬間的に近くにいたADの腕を掴み、何かささやく
ADはエッという顔で機材がある部屋に駆け込む。
俺が見たのはそこまでだ。ディレクターが俺の肩をつついて、「あの、ちょっとそっちで」と
控え室的な部屋に連れて行かれた

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:10:05 ID:rO9Zgv0Z0
なんだよこれなんで俺がこんなに恥ずかしいんだwwww

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:14:06 ID:Fs193yXx0
控え室

ディレクター「え、と・・・・。あのースタッフを担がれた、という事でしょうかー・・・?」
俺「あの、そうですねっ!!wwwwあれ友達が書いたんですよwww」論点はそこではないが俺はもう正気を失っていたのだろう
ディレクター「・・・」
俺「ふざけてる奴なんですよwwwwうわーおれだけ恥かいたなーーーwwww!!!うわーーーえーーー!?wwえーーー!?」
ディレクター「あーそですかー、はい、わっかりましたーー」
ディレクターは俺の顔も見ずに席を立ち、2分後、ADが入ってきた
AD「あ、じゃあこちらへ」
俺「チャス!!wwww」

出口
AD「じゃあ入館証お返しいただきますね」
俺「あwwwこれ返すんですねwwww」
AD「そですよー、じゃあ失礼します!」
俺「あのwww今日交通費もらえるって聞いててーーーwwww」
AD「えっ、そうなんですか?」
俺「交通h、交通、、、、wwww」
AD「ちょっとすぐ確認してきますんで!」
俺「・・・・・www     ・・・・・・wwww

・・・・・・・・・wwwwwww」

俺はその場から走って逃げた。
駅から家までの切符代430円。
往復860円。

俺は今でも860円という数字を直視できないでいる

次でおわりです

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:14:35 ID:spI4TF2D0
呼んでるこっちが恥ずかしくなるなwww
寝れねーwww

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:14:40 ID:ovyDNtTw0
続き気になるが、どう考えたって破滅√しかないよな

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:15:46 ID:EbMNwCmV0
よかったな未成年の頃で
普通に詐欺だからな

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:16:33 ID:fkldQUPb0
よく無事でいられるな(驚愕)

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:17:12 ID:bUuRbr4z0
見てられない

釣りだと言ってくれ

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:17:20 ID:rtE59ToR0
公録とかになると編集部に話とおして正式にコラボ的な感じになるけどな

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:22:33 ID:Fs193yXx0
>>47
そこは割愛したが、
「担当にバレると仕事さぼってるのばれる!」
D「では仮面の漫画家という事でwww!!!」
「サーwwwwチョサwwww」
みたいな感じになった。

声優が売り出し中だったから、ひとつでも何か面白いエピソードが欲しかったんだと思う。

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:17:35 ID:aFL86EfwO
この黒歴史感…胸が痛くなるな

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:17:36 ID:ovyDNtTw0
実在の漫画家の名前騙っちゃーマズいわな。そもそも、そういうのって編集とか担当通すもんで本物の漫画家だとしても勝手にラジオ出るのってどうなの?

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:20:46 ID:Fs193yXx0
最終章

その日の放送がどうなったのか、俺は聞く事ができなかったので分からない。
もしかしたら「えー、トラブルがありましたがーw」みたいな一言で会場が
笑いに包まれたのかもしれないが、おそらくそうではないだろう。
何もなかった事になっていただろう。

二回ほど、ディレクターの番号から着信があったが出ていない。
おそらく交通費の清算のことだろう。
それ以降連絡はない。


エイプリルフールに投下しましたが、
実は全部ガチです。
一箇所だけある改変をしてますが、それ以外が全て実話です。

僕はそれがきっかけで声優アレルギー、漫画アレルギーになり、
書店の漫画コーナーに行くと今でもその作家さんの作品を見かけては
「wwwwwwチャ、 wwwwセーユー、サースネwwwwwwチャ・・・・wwwww」
みたいになります

エイプリルフールだからこそ、あえて言いたいですが、嘘は恥しか呼ばないものです。
4月1日だからと言って、嘘にはついてはいけない嘘もある。

これを読んで「何故か恥ずかしいwww」という反応くれた方もいましたが、
それはこの話が日常から隣り合わせのところにある話だからだと思います。
嘘はだめです。

以上です

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:21:50 ID:cRKuir7Q0
面白かった。でも、電波に乗るところまで頑張って欲しかったなw

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:22:34 ID:WRX4s3iUT
で、その作家とは?

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:24:58 ID:Fs193yXx0
もしこれを関係者やディレクター本人が見たら確実にあいつだなと
分かると思います。
あれ以来はがきを出さなかったのが、僕の反省だと思っていただければ幸いです・・・。
交通費も謹んで辞退いたします。

最後に、出口まで案内してくれたADの方、
事情を察してなんとなく僕を慰める空気でエレベーターの中で話してくれた事だけが
この思い出の救いです、ありがとうございました。

では失礼します

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:27:12 ID:e4FjWPE10
でも声優に会ったんだよね
よかったね

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:35:58 ID:0pHskY4i0
うわあ凄いなこれ
途中で読めなくなったわ

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:40:03 ID:yUQTCu0J0
なんで読んでるだけで恥ずかしくなるんだろうな
言葉ってすげぇわ

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:29:10 ID:Ho7JJxcD0
嘘もほどほどに、だな

関連記事
[ 2013/04/01 21:00 ] ライフ | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

スポンサードリンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
免責事項
Fiber Optics

掲載されている情報、データなどに誤り、問題があった場合による損害、リンク先で起こったトラブルなどにつきまして当サイトは責任を追いかねますのでご了承ください。

尚、掲載されている記事・画像等に関して何か問題がありましたら下欄のメールフォームよりご連絡ください。

最近、コメント欄に誹謗中傷・違法と思われる書き込みが頻発しています。あまりに悪質なもの・事件性がある場合は、アクセス情報を元に適正な対応をせざるを得なくなりますのでご遠慮ください。

弊サイト RSS
Fiber Optics
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。